ページトップへ

住み心地いい

住み心地のいい家づくり

住み心地のいい家づくり

人、地球、未来をみつめる。環境想いの住宅であることが使命です。
季節に応じてまるで家が呼吸するようなしくみの「外断熱・自然通気工法」
夏涼しく、冬暖かい理想的な家をKenwa styleはお届けします

SPI工法の家

ポイント1 カビ・ダニが発生しにくい

結露が起こりにくいからハウスダスト・アレルゲンの発生を抑制できます。
腐朽菌の発生も抑えられます。

ポイント2 気密性が高く、冬暖かい

屋外の砂ホコリや花粉もシャットアウト!
冬はスキマ風も無く、強風時でも静か。ホコリも入りにくいのでお掃除もラクラクです。
室内のテレビや話し声も外にもれにくい。夏は自然通気工法の効果で輻射熱も防げて爽やか。

ポイント3 次世代型省エネ住宅

冷暖房費を大幅削減、もちろん北側も明るく光熱費はバッチリ節約。

 

            【参考サイト】詳しくはこちらをご覧下さい ↓

 

外断熱工法とは

外断熱工法は構造を外側から覆う工法で、断熱・気密性能に優れ、
マホービンやシェルターに例えられます。
北海道などの寒冷地で開発された密閉型工法は、
一年中24時間の機械換気が必要です。
同じ外断熱工法でもSPI工法は、風や日光などの自然の力を利用する、
断熱・気密性能に優れた外断熱工法で
夏にも快適な自然の力を利用する工法に改良した工法です。

自然通気工法とは

 

一次通気の役割は、屋根や壁に太陽が当たることによって生じる高温を室内に伝えないために断熱材の外側に通気層を設け、そこに空気を通し熱を抜きます。また、外壁及び屋根材を常に乾燥させ腐食を防止するという大きな役割があります。二次通気の役割は、柱や壁の中は断熱材に包まれていないので、屋根裏・壁の中・床下にたまりやすい湿気が空気を通すことにより換気されます。夏の夜、トップ排気口をあけることにより木材を冷やす役割を果たしています。