ページトップへ

すまいを支える

大地震とその余震に備える家づくり

大切な家を繰り返しくる余震から守る

2000年に施行された新しい耐震基準の住宅は、震度6強クラスの大きな地震でも、1回では倒壊しないように設計されています。

しかし、この耐震基準は、本震から住宅を守ることを想定しており、その後の余震までは考慮されていません。もし本震で住宅の構造躯体がダメージを受けていれば、それに続く余震の規模や回数によっては、倒壊する危険も高まります。

建和住宅では、本震からだけでなく、余震の揺れにも耐えられる家づくりをご提案しています。

住友ゴム工業の新技術 住宅用制震ダンバー MIRAIE(ミライエ)

地震による揺れを最大70%吸収・低減し、住まいを守ります。

実験により「震度6強の揺れ」を連続5回与えても安全とされる範囲内でした。

備える。

         

地面の揺れは、基礎から建物へと伝わっていきます。MIRAIEは基礎に取り付けたアンカーボルトと緊結することで、しっかりと地震の揺れをダンパーに伝えます。

多くのダンパー設置を必要とした従来の制震住宅を1階のみ4ヵ所設置で実現。家の最適な箇所に設置することで、地面からくる揺れを効率よく吸収。住まいを地震から守ります。                        住友ゴム独自技術の「高減衰」ゴムの高い制震効果です。 

リスクを抑える・補修費を抑える

たとえ住まいは無事でも、修繕にお金がかかっては大変です。                  

地震の揺れにいより損傷を受ける箇所は数多くあります。                          ・ドア、サッシなどのゆがみ ・外装材の剥離 ・窓ガラスの ・筋交いや補強金物等の損傷          ・・・など、それぞれ補修費が必要になった場合、高額な費用が発生する可能性があります。          MIRAIE は地震の揺れを吸収・低減するので、住まいの損傷を軽減し、補修費用発生リスクを低減       することができます。

 「繰り返す揺れ」に強いMIRAIE 地震後の暮らしも考えています。