ページトップへ

現場レポート

  • スタイル別
  • すべて

アーリーアメリカンな家

F様邸(下関市KIZUNAタウン24号地)

1.2018年06月16日
内部工事完了
内部工事完了
2Fの子供室になります。
2.2018年06月16日
内部工事完了(リビング)
内部工事完了(リビング)
クリーニングも終え、お家の中の工事が終わりました。
6/23と24日に完成見学会のため家具を配置いたしました。
3.2018年06月13日
造作洗面台
造作洗面台
洗面器が取り付けられました。
4.2018年06月13日
外構工事状況
外構工事状況
外構工事に入りました。境界のブロックの下地のベースのコンクリートを打ちました。
5.2018年06月13日
外部状況
外部状況
外部の塗装工事も終わりました。
6.2018年06月13日
外部電気工事
外部電気工事
外部の勝手口の照明を取り付けております。
7.2018年06月12日
外部工事状況
外部工事状況
塗装屋さんが白で塗装しております。
カバードポーチはアメリカンスタイルの特徴のひとつ。横貼りの外壁ともマッチしてとてもカッコイイですね。塗装が仕上がるとまた一層素敵になると思いますので、とても楽しみです♪
8.2018年06月07日
外部工事状況
外部工事状況
9.2018年06月04日
造作洗面台タイル張り
造作洗面台タイル張り
洗面台にタイルを張りました。この後洗面器が入ります。どんな洗面器が入るのか楽しみです。
10.2018年06月04日
足場解体
足場解体
外壁工事、屋根工事、樋工事も終え足場が外れました。
11.2018年05月17日
外壁工事中
外壁工事中
12.2018年05月14日
外壁工事中
外壁工事中
 外壁材を貼っている様子です。
 F様邸はラップサイディングといい、平たく長い板状のサイディングを重ねながら張り合わせていく貼り方で、アーリーアメリカンスタイルや北欧風、またサーファー風などのおしゃれな外壁材として人気の外壁です。
 シックな色合いもきっとF様邸の外観を一層素敵に魅せてくれることでしょうね。
 サイディング貼りが終わると一段とお家らしくカッコよくなりますよ。
 これからの工事もしっかりと施工させて頂きますので、ご不明な点などありましたら、いつでもお尋ねくださいませ。
13.2018年05月14日
外壁工事中
外壁工事中
 こちらもサイディング工事中です。
 遮熱シートの上に縦に水平に取り付けられた部材は《胴縁》(どうぶち)といいます。
 《胴縁は》シートと外壁材との間に取付け、外壁材を打ちとめる下地材の役目をします。下地材である胴縁があることで壁全体に一定の強度をもたせ丈夫な外壁になります。
 
14.2018年05月10日
内部工事状況 (リビング)
内部工事状況 (リビング)
 断熱材を吹付けたあとは、クロスの下地となるボードを貼っています。
 写真はちょうどリビングからキッチンの方を写したものです。このボードは《プラスターボード(石膏ボード)》といい、石膏を心材にし、表面を厚紙で被覆した耐火性、遮音性に優れたボードです。
 これを全て貼り終えましたら、クロスをきれいに貼る為の《パテ処理》という処理を行い、そのあとはいよいよF様にお選びいただいたクロスを貼っていきます。
 お部屋がどんな風に変身するかとても楽しみですね。
15.2018年04月30日
バスルーム設置
バスルーム設置
 システムバスルームの施工を行いました。バスルームは給排水管と関連していることから、また、施工のしやすさなどを踏まえ、壁や床ができる前の段階で行っていきます。
 明るく、爽やかなイメージの白いバスルームをお選び頂きました。一日の疲れを癒すバスタイムを楽しく心地よく過ごして頂けそうです。 
16.2018年04月25日
内部工事状況
内部工事状況
17.2018年04月16日
アクアフォーム(断熱材)吹付け
アクアフォーム吹付け(断熱材)
天井・壁にアクアフォーム(断熱材)の吹付け工事をしました。断熱性の高さはもちろん、発泡することにより現場の形状にぴったりと密着するので、気密性の高い施工が可能です。自己接着力により末永く断熱性能を維持してくれます!冷暖房の効率を上げてくれます!!!
18.2018年04月16日
アクアフォーム(断熱材)吹付け
アクアフォーム吹付け(断熱材)
アクアフォーム(断熱材)は、シックハウスの原因となる素材を使っていません。揮発性有機化合物(VOC)を含む特定建材には指定されていません。またフロンガスも使わないので地球にも優しい断熱材です!余計な冷暖房エネルギーを削減でき、CO2の大幅削減にもつながります。
19.2018年04月12日
壁内通気層工事
外部工事状況
外壁下地工事、壁内通気層工事をしています。外壁下地、遮熱・防水・透湿シートの上に縦に胴縁を打っていき、胴縁の間を自然な空気が流れるようにします。壁内の中に自然な空気が流れることにより、カビ・結露を防止します。
20.2018年04月11日
小屋裏通気層確保工事
内部工事状況
現場吹付けによる断熱工事を行う前に、小屋裏の通気層確保工事をしました。小屋裏に通気スペーサー「アクエアー」を施工しました。吹付けによる断熱の圧力にも耐え確実に通気層を長期的に確保することができます。透湿性もあるので湿気の排出を妨げません。
21.2018年04月11日
外壁下地工事中
外部工事状況
F様がお選びになった外壁材を施工する前に、外壁の下地工事をしています。壁部分にはられているシルバーのシートが、下地シートで遮熱・防水・透湿シートです。均一なアルミ蒸着膜で放射熱を反射、躯体の断熱効果を高めます。特殊保護層により、遮熱機能において高い耐久性を保持します!屋内の冷房効率UPで、省エネにもつながりますね!
22.2018年04月11日
バルコニー金属防水工事
外部工事状況
ルーフバルコニーの金属防水工事をしました。国の不燃認定を取得した、燃えない、燃え広がらない素材を使用し、揺れを分散させ、雨水を侵入させない継ぎ目の仕組みにより、台風や地震にたいしても高い耐久性があります。健康に悪影響を及ぼすおそれのある化学物質は一切使用していないため、家族にも優しい金属防水です。
23.2018年04月07日
筋交い・金物施工中
工事状況
内部、筋交い・金物など補強工事が行われています。筋交いは、柱と柱の間に斜めにかけられる木材で、台風や地震などの横揺れを抑えてくれます。金物は、木材の接合部分を強化してくれます。適材適所それぞれに色んな金物が施工されていきます。耐久性・耐震性に関わる大事な工事です。
24.2018年04月07日
サッシ工事
工事状況
窓枠などが施工され、サッシが入りました。窓などから雨漏りがないよう、しっかり防水工事をしています。
25.2018年04月04日
屋根工事中
外部工事状況
屋根下地防水シートの上に、F様がお選びになった屋根材を施工していきます。
26.2018年04月02日
上棟家族記念撮影
上棟
祝☆上棟!F様ご家族で記念撮影です。地鎮祭では上のお姉ちゃんは幼稚園で参加できませんでしたが、今は春休み☆お家がカタチとなる様子を楽しんでくれたようですね☆今日という日がF様ご家族にとって素敵な思い出となりますように☆工事関係者一同、これからの工事も頑張りますので何卒宜しくお願いいたします!!!
27.2018年04月02日
上棟式
上棟
立派な棟木があがったことへ感謝し、これからの工事が安全無事に進みますよう祈願する上棟式を執り行いました。
28.2018年04月02日
上棟式記念撮影
上棟
上棟式後、F様と井田棟梁、現場監督、営業とで記念撮影をさせていただきました!
29.2018年04月02日
屋根下地合板はり
上棟
屋根下地の合板をはっています。
30.2018年04月02日
屋根骨組み
上棟
屋根の骨組みにあたる母屋・垂木を組んでいきます
31.2018年04月02日
立派な棟があがりました!おめでとうございます!!!
上棟
りっぱな棟が上がりました!F様、おめでとうございます!!!そして、井田棟梁をはじめ職人さん方、ありがとうございます!!!
32.2018年04月02日
集成材を採用しています。
上棟
木材には集成材を採用しています。集成材は、無垢材の節や割れ等の欠点を取り除き、良質な部分を積層することで、高い強度と安定性を実現できた工業用木材です。強度は無垢材の約1.5倍!反りや曲がりなどが少なく、シックハウスでも最高等級(F☆☆☆☆)の安全性が認められています。
33.2018年04月02日
厚みのある床下地(合板)を施工し、強度・耐久性を高めます
上棟
2階部分も厚みのある床下地合板が施工されています。強度、耐久性を高めるのはもちろん、遮音効果もあります。
34.2018年04月02日
上棟
上棟
工場でプレカットされた木材を現場で組立てています。プレカットは、土台、桁梁、柱などにおこなう「継手・仕口」という加工を、CAD/CAMシステム連動のコンピュータ制御された機械で自動加工する技術です。プレカットでつくられた部品は、従来の手加工(手刻み)に比べて加工のバラツキが無く、部材の一本一本の加工精度が高く品質も優れています。
35.2018年04月02日
NEO-BASIC工法の家
上棟
F様のお家は「NEO-BASIC(ネオベーシック)工法」で造られるお家です。ネオベーシック工法は金物接合による頑丈な構造躯体です。接合部分、木材の切欠き量を減らし、木材本来の強さを残したまま、金属による強い結合と接合部分の引き抜けを防止し、骨組み全体の安定強度を実現してくれます!
36.2018年04月02日
長持ちする木を使用しています。
上棟
木の家の骨組みとなる木材は、原田木材さんの「長持ちする木」を使用しています。木材を白蟻や腐れから守る技術(乾式加圧注入処理)で、耐久性を高めます。国土交通省指定/公益財団法人日本住宅・木材技術センターの優良木質建材認証のAQ認証を取得していて、NEO-BASIC工法で、住宅型認定の木材の劣化対策において最高等級(等級3)を取得しています。
37.2018年04月02日
上棟
上棟
重たい木材を高い場所など職人さんの元へ運んでくれるのはレッカー車です。上棟は職人さんとレッカー車との連携作業で進んでいきます。
38.2018年04月02日
上棟スタート
上棟
上棟日和の中、F様邸の上棟(屋根の一番上に棟木を上げること)を行います。立派な棟が上がるようにF様に四隅を清めていただきました。上棟は多くの職人さん方の手により一気に2階部分まで組立てていきます。F様には我が家がカタチになっていく様子を楽しんでいただけたらと思います。そして、井田棟梁をはじめ職人さんがた宜しくお願いいたします!!!
39.2018年03月30日
材料や基礎土台など上棟日まで養生しています
工事状況
ブルーシートをはり、養生中です。棟上げまでこのままにし、雨などから基礎や木材を守ります!
40.2018年03月29日
摩擦減震パッキン「UFO-E」施工中
摩擦減震パッキン「UFOーE」!!
基礎立ち上がり部分のアンカーボルトに「UFO-E」ユーフォーイーを差し込んでいます。UFO-Eは、土台の下で地震エネルギーを減震する絶縁工法です。100個前後の「W摩擦板」が荷重を分担しながら少しずつ動いて歪摩擦・静止摩擦のWブレーキが作動します。大型地震対策にも最適な金物です。
41.2018年03月29日
UFO-E(ユーフォーイー)の上に土台を敷いていきます
土台敷き(UFOーE)
UFO-E(ユーフォーイー)の上に土台を敷いていきます。UFO-Eを施工することで床下の湿気を逃がす通気を妨げません。土台との接触面積を保ちながら、下部を細くした独自の形状で通気性が確保できます。耐久性もあるので安心ですね。
42.2018年03月27日
先行給排水工事中
工事状況
これから工事が進んでいき、床下での作業はしにくいため、先行で給排水工事をしています。
43.2018年03月26日
基礎完成!
基礎工事
基礎コンクリート打設後、しっかりと養生をし丈夫な基礎が完成しました!基礎の立上り部分には、アンカーボルトがしっかりと施工されています。アンカーボルトは基礎と、これから施工される柱・土台をつなぐ大事な部材です。
44.2018年03月22日
基礎ベース部分コンクリート打設
基礎工事
前日、基礎ベース部分のコンクリートを打設しました。基礎の耐久性を高めるため、しっかり養生しました。次は基礎立上り部分に型枠を組み、コンクリートを打っていきます。
45.2018年03月17日
基礎配筋工事
基礎工事
型枠を組み、中に鉄筋を図面通りに組んでいきました。基礎の耐久性に関わる大事な工事です。配筋工事後は、第三者検査機関による厳しい検査を受け、合格したら次の工程へ進みます。
46.2018年03月16日
基礎工事型枠組み
基礎工事
基礎を造るための地盤支持力増大工事をおえ、直接鉄筋が地面に触れないように、また正確な位置を出すためのコンクリート打ちをし、水蒸気防止のための防湿フィルムをはりました。その上に基礎をつくっていきます。
47.2018年03月14日
基礎工事 砕石地業・捨てコンクリート
基礎工事
基礎を造るための地盤面下の土を掘削し、そこに砕石を突き詰め、突き固め、地盤の支持力を増大させる工事をしました。
48.2018年03月12日
トランシットで90度をみています
基礎工事スタート
基礎工事が始まります。基礎はお家の重量を支え、安定させるために設けるお家の最下部の構造です。建和住宅では「ベタ基礎」を採用しています。ベタ基礎は、底板一面が鉄筋コンクリートになっている基礎で、お家の荷重を底板全体で受け止めて支えてくれます。地面をコンクリートで覆うので、地面から上がってくる湿気を防ぎ、白蟻侵入もしにくくなります。画像は基礎を造るためトランシットで90度(角度)を測っています。
49.2018年02月15日
F様邸地鎮祭
地鎮祭
下関市清末「KIZUNAタウン」でご計画のF様邸の地鎮祭を執り行いました。F様、誠におめでとうございます!氏神様に土地利用のお許しをいただき、これからの工事の安全無事、F様ご家族の繁栄を祈願いたしました。これから工事が始まります。F様の想いが素敵なカタチとなりますよう、末永く安心安全に暮らしていただけるように工事関係者一同しっかり頑張っていきますので宜しくお願いいたします。
50.2018年02月15日
F様邸地鎮祭
地鎮祭
F様ご家族が神様へ気持ちを届けます。F様のお子様おねえちゃんは本日参加できませんでしたが、ご家族4人、これからも仲良く笑顔溢れる生活が続きますように☆
51.2018年02月05日
F様邸地縄張り
地縄張り
建物が敷地に対して、どのように建てられるか確認する作業をしました。

物件データ

KIZUNAタウン24号地F様邸 木造2階建て
木造軸組在来工法(ネオベーシック工法)
アクアフォーム吹付け断熱
1階床面積 52.58㎡(15.90坪)
2階床面積 48.03㎡(14.52坪)
工務担当 波多野敏行→スタッフ紹介
営業担当 永峯和雄→スタッフ紹介

スケジュール

地鎮祭 2018年2月15日
基礎工事 2018年3月12日~
上棟 2018年4月2日
金物・筋交い検査 2018年4月4日
アクアフォーム(断熱材)吹付け 2018年4月13日