Kenwa 超リアル
パースシステム
家創りへの想い 安心の住まい
こだわりの工法
SPI工法 NEO-BASIC IV
UFO-E
テクノストラクチャー
モデルハウス
見学のお申込
土地情報 イベント
The style of building

納得の家創り

TOP > 納得の家創り > こだわりの工法

こだわりの工法

SPI工法=それは「空気が設計した家」
夏は、基礎ダンパー・室内窓を開けることにより、新鮮な空気を建物内に取り込み、トップ排気口から湿気を含んだ熱気を排出します。
冬は、基礎ダンパー・室内窓・トップ排気口を閉めることにより、寒気の侵入を防ぎます。暖房器具や人体からの生活排熱も屋外に逃さずに建物内を対流により循環させ、結露を防止します。
夏は開放型で爽やか
冬は密閉型で温かい

SPI工法システム

外断熱・自然通気工法



次世代省エネルギー基準適合住宅
SPI工法の『外断熱・自然通気工法』は、次世代省エネルギー基準適合住宅です。
平成11年の省エネ法に基づき、断熱・気密・結露・換気の4つの高い性能基準に適合した住宅工法で
その厳しい審査に合格した工法だけに下された評定です。
平成25年に改正された新省エネ基準住宅よりも優れた性能をもっています。

省エネ住宅のメリット


外断熱の効果
SPI工法の住宅は高い断熱性能と自然通気の手法で建物内の温度差がほとんどありません。
建物内の自然対流で壁の中や天井裏、上下温度差もほとんどないので、冬でも快適な生活ができます。

高気密で
防音効果が高い
隙間風がなく、屋外からの騒音、花粉や粉塵もシャットアウトします。
テレビなど家の中の音が外にもれにくく、住まいの換気を適切に行うことができます。

空気の流れが
つくる
快適空間
夏も冬も建物内で発生する余分な熱と水蒸気をバランスよく排出して、常に新鮮な空気を取り込んでいます。
人にやさしく、木材や造作材などにも良好な状態を保つことができ、結露やカビ・ダニの発生も抑えられます。

耐震等級
2以上
耐力壁を多くして、壁の配置バランスを考え、床面を強くすることで、大きな地震や自然災害に対しても、倒壊しない強い建物を造ります。
また、窓の大きさや配置を検討、省エネ効果と暮らしやすさを提供します。

省エネ等級4
一次エネルギー消費量に適合した高効率設備機器の採用。外皮平均熱貫流率【UA値】と平均日射取得率【ηA値】を基準値以下。仕様基準に適合した自然エネルギー住宅。

劣化対策等級
3相当
木材が腐ったり、白蟻の被害から守ります。また、洗面所やお風呂などの水を使用する場所の防水対策を行ない、構造躯体の耐久性能を確保して、長持ちさせます。

維持管理対策等級
3相当
コンクリートの中や構造に影響を与えずに配管を設置することで、配管の中の掃除やメンテナンスを行いやすくします。※平成25年新省エネ基準制度とトップランナー基準にも対応。

トップランナー
基準
住宅の断熱性能だけでなく設備機器の省エネルギー性能も含めた基準になります。
SPI工法は、ベースとなる断熱性能が高く高効率の設備機器を設置することで、より省エネ性能が向上します。

デザインで暮らしの夢を描く、
安心・安全・快適住宅。


空 に 住 も う
「ソラマドの家」

お問い合わせ 資料請求 お知らせ
Page Top