長持ちする家プラント写真。乾式防腐防蟻処理装置

ケンワの「長持ちする家」 -「木」のことを、ずっと考えてきた会社です。-

 

新築住宅に耐震性があるのは当たり前の事です!

しかし、木の家の骨組みに木材の劣化等の対策を何も施していなければ、経年劣化や生物劣化で年々強度が低下してしまうのです。

木材をシロアリや腐敗菌から守ることは、丈夫で長持ちする家をつくるための基本であり、

見えない部分だからこ、新築時にしっかりとした対策が必要と建和住宅は考えます。

 

なぜ劣化対策が必要なの?    

実は阪神・淡路大震災で倒壊した木造住宅の多くは、

これらが原因であったというのが後の調査で判明しています。

阪神・淡路大震災とシロアリによる被害の関連データ。劣化対策が大切。

 

※調査対象地域は、神戸市東灘区の639棟。シロアリの被害及び腐巧がない421棟では、全壊(25%)、半壊(23%)、軽微・被害なし(52%)、シロアリの被害及び腐巧がある218棟では、全壊(93%)、半壊(6%)、軽微・被害なし(1%)であったと報告されています。(朝日新聞:1995年4月26日)

 

「長持ちする家」をつくるためには木材の劣化対策が必要です!

ケンワの「長持ちする家」は世界最新の技術で、木材を劣化させない「乾式加圧注入処理」を採用しています。

 NEO-BASIC工法トータル保障システム
 
 
 
ケンワの「長持ちする家」4つの特長
10年、20年経っても変わらない耐震性を担保する事ができます。
 
 ①耐震性・耐久性

 

□無垢材よりも約1.5倍の強さを持つ「構造用集成材」を使用し、鉄やコンクリートにも負けない強度を実現

構造用集成材
 
 
集成材は、性能表示があり、形状変化が起こりにくい。

集成材は、強度・含水量・接着性能などの部材の性能表示があります。また、品質のバラツキがありません。

 
無垢材は、説明・表示なし。

無垢材は、強度・含水率など表示がほとんど無く、品質にもバラツキがあります。

 

□断面欠損の大きい箇所にはテナントビーム金物を使用し強度を増強

 
切り欠きの多い従来軸組工法と木材本来の強さを残したままで金属による強い結合のNEO-BASIC4

実際の切り欠き例:右側の木片が「長持ちする家」 切り欠き量が少ない

木材の本来の強さを残したままで、金属による強い結合と接合部分の引き抜けを防止して、全体の強度を実現しています。

テナンビーム金具写真
テナンビーム接合図

 

□地震エネルギーを小さくする“摩擦減震”により家屋の倒壊を防ぐ「UFO-E」を標準装備

 

摩擦ゲンシンパッキンUFO-E

3つの特長

  1. 大型地震の揺れを半分に減震
    阪神淡路大震災クラスの800galの大型地震を300~400galにまで減震します。
  2. “摩擦減震”ならではの安心
    倒壊の危険をまねく偏芯、バラバラ共振が起こりません。偏った補強による柱脚破壊などの心配もありません。
  3. Wブレーキ機構により減震力を持続
    UFO-Eは摩擦面の凹凸加工による「Wブレーキ機構」で摩擦力の低下を防いで減震力を持続し、土台のズレを許容範囲に抑えて減震します。

 

 
 ②劣化対策

□世界最新の木材保存技術を採用

 
乾式加圧注入処置装置写真
AQマークはJASマークと共に、信頼の目印になります。

□乾式防腐・防蟻処理剤を使用し、シロアリや腐敗菌に強い家を実現

【長持ちする木の防腐・防蟻処理】

NEO-BASIC Ⅳ工法の乾式加圧注入処理。薬剤が内部の約80%まで浸透しているので、耐久性能が高い。
「長持ちする家』の乾式加圧注入処理。薬剤が内部の約80%まで浸透しているので、耐久性能が高い。
 
【一般の防腐・防蟻処理】
 
従来の塗布処理。薬剤が内部まで浸透していないので耐久性が低い。
 従来の塗布処理。薬剤が内部まで浸透していないので耐久性が低い。
 

□使用する薬剤は食塩よりも安全で健康や環境への影響も安心

乾式加圧注入処理の薬剤(ニッサンクリーンCI)は毒性試験でも食塩より安全
  住宅型式性能確定書において、劣化対策認定最高等級3を取得
 
 
③省エネと維持管理

□高気密、高断熱を実現することにより冷暖房のロスを減らし、お財布にも環境にも 優しいエコな家を実現

 

省エネについて一般的な家とNEO-BASIC Ⅳ工法との比較

 住宅型式性能確定書において、維持管理対策認定最高等級3を取得

 ●住宅型式性能確定書において、省エネルギー対策認定最高等級4を取得

 
 ④安心の保証制度
 □国土交通大臣指定(公財)日本住宅・木材技術センターの「住宅型式性能認定」を取得
木造住宅合理化システム認定書
 

□損害保険会社と連携して構造躯体の20年間保証

 □「シロアリ保証」を採用することで、腐朽(腐れ)やシロアリに関しての10年保証

 資料請求はこちら

 

 

ページトップへ