Q14.注文住宅、建売住宅、規格住宅の違いを教えてください!

A.はい。それぞれの良さがあるのでご家族にあったお家をお探しください。

 

注文住宅

お家のオーダーメイド。ご家族の思いがカタチとなる住宅です。構造上、法律上の制限はありますが、ほとんどご希望にそえるお家をつくることができます。すべてのものを決めていくので大変ではありますが、世界にひとつだけのマイホームが完成します。

【メリット】

なんといっても自由設計なこと。ご家族のライフスタイルに合わせることのできる家づくりです。注文住宅はお金の問題が、、、と言われる方もいますが、建築資材などもある程度自由に選ぶことが出来るため、お金をかけたいところと抑えたいところで予算の調整ができるのも魅力です。また、建築中の現場をチェックできるので安心へとつながります。お家づくりスタートからじっくり時間や愛情をかけたお家がカタチとなった瞬間は言葉に表せない喜びがあります。

 

建売住宅

決まった仕様、間取りで建築した建物とその土地を一緒に販売する住宅(分譲住宅)

完成してからの販売が多いですが、今は建築中の段階でも販売をする会社が増えてきました。住む家がどんな工事がされているのかなどチェックできるのは安心へと繋がりますね。

【メリット】

即購入・即入居。決定から入居までがスピーディー。土地や周辺環境、お家を気に入ってくださればスムーズにマイホームが手に入ります。忙しいけど自分の家がほしい方や、お子さまの入学、新学期に合わせて転居したいなど期日に合わせやすいという良さがあります。注文住宅は住んでみないとわからない部分がありますが、建売住宅は完成したお家を直で見ることができ、体感できるのも魅力です。

 

規格型住宅

あらかじめ仕様や間取り外観などがきめられている住宅のことで、建売住宅と似ていますが、規格住宅は会社によって違いはありますが、デザインなどに関する選択肢が設けられていて、カタログなどから選ぶことができます。(変更分の金額が発生する場合あります)

【メリット】

間取り変更に伴う材料費や工事費などプラスされることがありますが、規格型住宅は大量生産のためローコストの住宅がほとんどです。メーカーの考えのもと建てられているため間取りのほとんどは生活動線を考えられたプランになっています。プランニングの手間がはぶけ、打合せ短縮に。大量生産の住宅のため工期もあらかじめわかりますので、転居の期日のある方にもいいと思います。

 

 

お家づくり、もっと詳しく知りたい方はこちら↓

お家づくりの全てを一冊の本にまとめた「Kenwa Style book」

HPにも載ってない情報が盛りだくさんです!

 

会社案内|よくある質問(FAQ)

ページトップへ