ページトップへ

現場レポート

  • スタイル別
  • すべて

ママに優しい家

T様邸(サンライフ川中本町②号地)

1.2017年12月02日
フローリング工事中
内部工事状況
T様がお選びになった 2階廊下のフローリング材を施工しています。
2.2017年11月27日
外壁工事中
外部工事状況
外壁下地の上に、T様がお選びになった外壁材を施工しています。外壁材は3種類を施工予定。こちらは木目調の外壁を施工しています。
3.2017年11月27日
外壁工事中
外部工事状況
こちらは、白い外壁材を施工しています。どのように3種類の外壁を施工していくのか楽しみですね☆
4.2017年11月19日
屋根工事
外部工事状況
T様がお選びになった、地震に強くて軽い屋根材を施工しました!お色もステキですね☆
5.2017年11月19日
屋根 換気棟施工
外部工事状況
片流れ屋根専用の換気棟を施工しました。換気棟は屋根裏の湿気や、熱気を排出するための屋根棟部に設ける換気部材です。寒い冬は結露対策になり、暑い夏では室内温度上昇を抑制してくれ、住まいの快適さを維持してくれます!
6.2017年11月16日
外壁下地工事中
外部工事状況
外壁下地工事をしています。外壁下地には、防水・透湿・遮熱シート「遮熱エアテックス」を採用しています。均一なアルミ層で太陽からの赤外線を反射し、多層構造のため強度のある耐震性の高い下地材です!
7.2017年11月16日
外壁下地工事中
外部工事状況
遮熱エアテックスの上には胴縁を一定間隔に打っています。胴縁の間を、これから施工する外壁材と遮熱エアテックスの間を空気が流れ自然換気ができます。結露やカビを防止し、お家の耐久性を高める工事です。
8.2017年11月15日
断熱工事アクアフォーム吹付け
内部工事状況
断熱工事、アクアフォームの吹付けをしています。アクアフォームは水から生まれた環境に優しい断熱材です。通常はフロンガスを使用して発泡させることが多いウレタンフォーム。アクアフォームは水を使って現場発泡させます。これにより柱と柱の間や、細かい部分にも隙間なく充墳することができます。アクアフォームはイソシアネートと水を含むポリオールを混合することで発生する炭酸ガスを発泡材として利用するので、オゾン層破壊や地球温暖化の原因となるフロンガスを全く使用しない、地球に優しいウレタンフォーム素材として開発されました。また、人への影響も考慮し、アレルギーなどの原因とされる有害物質、ホルムアルデヒドも発生させませのでご安心ください!
9.2017年11月15日
断熱材アクアフォーム吹付け
内部工事状況
アクアフォームはお家の隅から隅まで全体を覆う「現場吹付へ発泡による断熱工事」です。無数の細かい連続気泡で構成された硬質ウレタンフォームはグラスウール10Kの約1.5倍の断熱効果を発揮します。また透湿性も低く、断熱材内部に湿気を侵入させにくいため、躯体内の結露を抑制し、お家の耐久性を高めてくれます!
10.2017年11月02日
屋根葺き
外部工事状況
屋根下地工事を終え、T様がお選びになった屋根材を施工しています。T様がお選びになった屋根材はオシャレなだけでなく、耐候性抜群で、雨風だけでなく紫外線にも強いという優れた性質を備えた屋根材を使用されています。
11.2017年11月02日
屋根葺き
外部工事状況
12.2017年10月30日
屋根下地工事
上棟
屋根の下地工事をしています。屋根材だけでは雨水の侵入を防ぐことができません。屋根材の下に防水シートを貼り、屋内への雨水の侵入を防ぎます。
13.2017年10月30日
上棟
上棟
14.2017年10月30日
上棟
上棟
職人さん方の手により、立派な棟が上がりました。T様おめでとうございます!
15.2017年10月30日
上棟
上棟
木材には、耐久性にも優れた「乾式加圧注入処理」薬液に浸して高圧をかける防腐・防蟻処理を施しています。木材内部の80%以上に薬液が浸透するため、木材の耐久性が大幅に向上します。寸法が変わったり、変形させたりすることがないので、施工性にも優れています。
16.2017年10月30日
上棟
上棟
木は家の一部となっても生きています。そのため縮んだり、反ったり、ひび割れたりします。それは家に歪みが生じる原因となります。それを防ぐため、構造用の木材に「集成材」を使用しています。集成材は、木を短冊のように挽き、木の繊維方法に沿って平行に並べて接着させた木製品です。乾燥収縮が少ない、丈夫、軽い、火に強い、調湿性があるなど大変優れた木製品です。
17.2017年10月30日
上棟
上棟
T様のお家の構造躯体には「NEOーBASIC工法」を採用しています。ネオベーシック工法は、品確法「住宅性能表示制度」の「劣化の軽減」「維持管理」の最高等級3の型式認定を取得した、原田木材さんの独自の木造住宅工法です。
木材についている黒い金属のものは「テナンビーム」といって、木材への切り抜きを必要最小限に抑え、専用金物で接合を行う、木材本来の強さを残したまま骨組み全体の安定強化を実現します。
18.2017年10月30日
上棟
上棟
棟上げ工事が始まる前に、T様が四隅を清めます。
19.2017年10月27日
作業用足場組み立て
足場組
お家づくり、次の工程は上棟です。上棟は屋根材で一番高い位置にある棟木を上げる工事です。高い場所まで作業できるように、作業用の足場を組立てました。
20.2017年10月26日
床合板施工
工事状況
床下地合板を施工しています。厚さがある合板ですので耐久性も安心です。
21.2017年10月26日
土台敷き
土台敷き
床下の先行給排水工事をおえ、基礎の上に土台や大引をしいていく土台敷きを行っています。これからは大工さんのお仕事です。坪井棟梁、宜しくお願いいたします。
22.2017年10月26日
基礎パッキン設置
土台敷き
「基礎パッキン」を設置しました。基礎パッキンは、基礎立ち上がり部分と土台の間に挟むゴム製の部品で、従来の基礎に換気口を設ける代わりに用いられています。基礎パッキンを挟むことで、土台から基礎を分離させるので土台からの湿気を基礎へ浸透するのを防ぎ、お家の耐久性を高めてくれます!お家周囲にわたって通気孔ができるので、全体的に風が通ります。
23.2017年10月20日
基礎工事完了!先行給排水工事をします!
基礎工事
しっかり養生をし、基礎立ち上がり部分に「アンカーボルト」がしっかりと施工されているベタ基礎が完成しました!アンカーボルトは、これから施工される土台・柱と基礎をつなぐ重要な接合バルトです。施工方法によっては意味のないものになってしまいますので、正しい方法で丁寧に施工しています。安心ください!
24.2017年10月13日
基礎工事コンクリート打設
基礎工事
次は、基礎の立ち上がり部分に、コンクリートを打設しました。こちらもしっかり養生します。
25.2017年10月08日
基礎工事コンクリート打設
基礎工事
コンクリートを打設しました。まずは、基礎の底の部分ベースのコンクリートを打設しました。耐久性を高めるため、良質なコンクリートを打設しました。その後はしっかり養生します。
26.2017年10月05日
配筋工事
基礎工事
基礎内に鉄筋を組んでいく「配筋工事」をしました。基礎の耐久性に関わる大切な工事です。図面通りにしっかり工事していきます。工事後は、第三者機関による厳しい検査を受けます。
27.2017年10月03日
基礎工事中
基礎工事スタート
基礎工事が始まりました!基礎はお家の重量を支え安定させるためにつくるお家の最下部の構造です。基礎にも種類があり、建和住宅は「ベタ基礎」を推進しています。ベタ基礎は、基礎立ち上がり部分だけでなく、お家の底一面を鉄筋コンクリートで支える安定性が高い基礎です。
28.2017年09月07日
地盤改良工事
地盤改良工事
長く安心して暮らしていただくために、お家づくりには地盤を調査することも大切です。いくら丈夫なお家をつくっても地盤が軟弱だと不同沈下を引き起こす可能性が懸念されます。
確かな土質データをとり、解析。T様の土地にあった地盤改良工事を行っていきます。
29.2017年09月07日
地盤改良工事
地盤改良工事
地盤改良工事は、エコジオ工法を採用しました。
エコジオ工法は「砕石(小さく砕いた自然石)」だけを使う地盤改良工法で、自然界に存在している石から作られる「砕石」は、長期的にその強さを保ちます。また特許を取得した「EGケーシング(鉄製の筒)」を使用するため採掘時、穴を崩さず、品質の安定した砕石杭をつくることが可能です!
30.2017年08月23日
地鎮祭
地鎮祭
本日、晴天の中
T様邸の地鎮祭を執り行いました。
T様、ご家族の皆さま、誠におめでとうございます!
31.2017年08月23日
地鎮祭
地鎮祭
氏神様に土地利用の許可をいただき、T様ご家族、工事関係者一同で、これからの工事の安全無事、T様ご家族のご繁栄を祈願しました。T様の大切な家づくり、工事関係者一同 安全を第一にしっかり施工していきますので何卒宜しくお願いいたします!!