スタッフブログ

実は…こんなことが

楠田 脩 自己紹介へ

こんにちは。建和住宅 工務課 楠田 脩です。

みなさん日々の生活で家電製品をお使いだと思います。

家電製品っていつかは壊れたりしますよね。

その際修理か替え買えるかと思いますが、実はこんなことがありました。

6年前に宇部でお引き渡しをさせてもらったお客様がいまして、引き渡しをして、2年まではお家の定期点検があり、それ以降は何かあればお電話してもらい対応させていただくか、1年に1回はカレンダーを持っていったりすることは徹底しておりました。

そしてお引き渡しをして6年も経ち、諸事情により当時の担当の営業マンもおらず、現場監督は居ますが、6年も経てば言いにくいとお客さまは判断されたそうですが、何年経っても何かあれば、担当もしくは、会社に電話してご相談ください。

何が言いたいかと申しますと、今回トイレが急に使えなくなったのです。

原因は基盤でしたが、お客様は建和住宅は忙しそうだし、下関、山口市から来ていただくのは申し訳ないとよくある水道修理業者に依頼したそうです。 

基盤が悪いので10万円かかると言われたそうです。

お客様は高いしまだ6年しか使ってないのにと思いながらも考え決断し、その水道修理業者にお願いをしようとしたところ、待てよ。

建和住宅に1回電話してみようと私がお伺いさせていただきました。

基盤を交換しても10万円はかかりません。

建和住宅で基盤交換工事を依頼されメーカーが工事し、基盤を調べると基盤がリコールでした。

よって無料でした。

なので何かあった際、一度建てられた会社に相談を必ずしてください。

保証があるかもしれませんので。

よろしくお願いいたします。

今週は7月6日土曜日と7月7日日曜日は下関市と山口市でお家の完成見学会があります

詳しくはイベント情報をご覧ください。

記事一覧

1ページ (全119ページ中)

ページトップへ