家づくりの中でとても悩みどころな照明計画

 

照明ひとつでせっかくお洒落なお部屋も台無しに....、なんてことになりかねません

 

日々の暮らしの中で人の動きは多種多様

食事のシーンがあり、集いのシーンがあり、読書や勉強のシーンもあり、夜中に映画を見ることも。。。

                                             

そんないろんなシーンを大きなシーリングライトひとつでまとめて照らしてしまうのはあまりにも雑

 

とりあえずダウンライトをポンポンと並べるのも無計画すぎますよね

 

部屋全体が明るければそれでいいのではなく、必要な所に必要な明るさがあればよいと思います

                            

中でも天井から吊るすタイプのペンダント照明や壁に取り付けるブラケット照明

 

照明の高さを下げる事で落ち着いた雰囲気が演出できます

                 

写真はお引渡しを終えたお宅の照明ですが

 

お部屋に合わせて、こだわりを感じます

                                                         

 

  

1ページ (全252ページ中)