スタッフブログ

石井 敬三 自己紹介へ

平屋と二階建て

2022/01/07(金) 家づくりのこと

家づくりでプランを始めるとき「平屋と二階建てどちらにするか」を決めないといけません。

今回は それぞれのメリットデメリットを考えてみます。

 

★平屋のメリット・デメリット

平屋では全ての生活スペースが同じフロアーにあるため、家族間のコミュニケーションが取りやすくなります。

高齢になった際にワンフロアで生活が完結することも安心です。

また 構造的にも安定しやすくなります。

 

その反面、工事にかかる坪単価が高くなりやすかったり、部屋数を増やすためには広い敷地が必要だったり、希望をあれこれと詰め込みすぎると予算オーバーになってしまうことも多々あります。

敷地の状況によっては大きな開口部を取りづらかったり、十分な採光が取れないお部屋が出てきたりすることもあります。

ワンフロアで全てを完結できるのは良さなのですが、その分制限も多くなります。

 

平屋の場合 スペースをできる限りフル活用できるように、コンパクトに仕上げていくのがコツです。

 

★二階建てのメリット・デメリット

二階建ではその分、狭い敷地でも効率よく広い生活スペースを確保できたり、各部屋の日当たりを十分に確保することができたりします。

 

お子様との距離感も大切にしたいご家庭や、二世帯住宅にも良いかもしれません。

二階建てにする場合、基本的な生活空間を一階にまとめ、2階は子供部屋や趣味の部屋、または長期的な収納部屋にするとよいでしょう。

 

階段の昇り降りは住み始めると思ったより負担になることが多く、将来的にどういう使い方をするかを考えておかなければなりません。

子供部屋については、9畳くらいに大きく取って 将来、仕切れるようにしても良いでしょう。

 

★建築費は平屋が高くなりがちですが、二階建てはメンテナンス時の工事費用が高くなる可能性もあります。

高い位置の修理や清掃をする際に足場を組む必要があるのは二階建てならではです。

 

 

それぞれメリット・デメリットがありますので、今後の暮らしをイメージしてください。

 

*K*

記事一覧

1ページ (全186ページ中)

ページトップへ