スタッフブログ

石井 敬三 自己紹介へ

建売住宅と注文住宅

2022/04/27(水) 家づくりのこと

マイホームを建てるとき、建売住宅と注文住宅のどちらがいいのか迷うこともあるでしょう。

費用や設計の自由度など、さまざまな点で異なるので、その違いをご紹介します。

 

建売住宅は建築中から販売がスタートしますが、場合によっては完成した状態を見てから購入することもあります。

完成した物件を検討できるのは建売住宅のメリットです。

特徴として基本的に間取りと仕様は決まっています。

また、注文住宅と比べて割安になりやすいし、価格が定まっているので支払い計画が立てやすいというのも特徴となります

建売住宅は建築途中であっても、4~6カ月程度で入居できるのが一般的で、すでに完成されている物件を購入する場合は1カ月程度で入居できます。

建売住宅が向いている人は

 土地を所有していない

 時間や手間をなるべくかけず、またはすぐに入居したい

 資金計画をシンプルに立てたい

 決められたパターンから選択したい

 なるべくコストを抑えたい

 

注文住宅は設計士に依頼することで、こだわりを反映した家を建てることができます。

特徴としてオプションに応じて必要な費用が変わります。

要望に合わせて柔軟に対応するため、比較的にコストが高くなりやすくなります。

費用の支払いがやや複雑になるのも注文住宅の特徴です。

土地を買うときは、建物の設計案などを提出することで住宅ローンを組めるようになります。

住宅ローンの性質上、建物が完成してから融資されることがほとんどなので、土地代金などは金融機関のつなぎ融資で借り入れて支払うのが一般的となります。

 

建売住宅と注文住宅の大きな違いとして、費用面での違いがあげられます。

同じ広さで同じ仕様の家を建てるのであれば、建売住宅のほうが注文住宅よりも割安になります。

ただ、注文住宅だからお金がかかるということはありません。

注文住宅であっても、あらかじめ予算の上限を伝えておけば、その範囲で調整は可能となります。

そのため、はじめから自由に設計をする際には、予算の枠を最初に決めておくことが重要です。

 

注文住宅の場合は、土地探しから行うため、建売住宅よりも時間がかかります。

施工依頼の契約から引き渡しにまでいたる期間としては、6~10カ月程度、長ければ1年以上かかることもあるため、十分な時間のゆとりが必要です。

土地を探す時間も別に必要となります。

注文住宅が向いている人

 土地を所有している

 時間をかけることができる

 仕様や設備、間取りにこだわりがある

 特殊な設備が必要

 

注文住宅に適しているのは、仕様や設備、間取りにこだわりがある場合です。

多少手間や時間がかかりますが、細部にいたるまで納得のいく仕上がりになります。

 

注文住宅との違いはあくまでも自由度にあるため、間取りやデザインなどに強いこだわりがない限りは、建売住宅でも快適な住環境を手に入ることができます。

 

 

*K*

記事一覧

1ページ (全195ページ中)

ページトップへ