スタッフブログ

建売住宅のメリットとデメリットは?

石井 敬三 自己紹介へ
2020/08/01(土) 家づくりのこと

建売住宅って、注文住宅に比べるとびっくりするくらい安い事があります

 

価格の安さからか、「建売はできれば避けたい」「注文住宅にしたいけど予算上、仕方なく建売にする」なんて人もいるでしょう

 つまり建売住宅ってあまりいいイメージがありませんが建売住宅にもメリットはあります

 

もちろん「安さ」が一番の魅力ですが、建売住宅のメリットについて書いてみます

 

建売住宅のメリット

 

まずは

① 建売住宅は注文住宅と比べて価格がお手頃

建売住宅の魅力は、なんといっても価格が安いことでしょう

建売住宅は、「新築」の中でも一番安く購入できます

年収が高い人も住宅にかける費用を安く抑えることができれば、その分、教育費や趣味にお金をまわすこともできます

 

②建売住宅はすぐ入居が可能

建売住宅と注文住宅はよく比較されますが、金額だけでなく、入居できるまでの期間が大きく違います

注文住宅は、土地がない場合は土地を探してから建物のことを考えなければいけません

そこから、間取り、設備、外構 と決めていき、入居できるまで半年や1年かかり、その間家賃もかさみます

家賃は掛け捨てのようなものですから、住宅を取得することが決まっていたら早くローンを返済したいですね

一方、建売住宅で、完成済みなら即契約、段取りが出来次第、即入居できます

                                        

③建売住宅は実物を見て購入できる

注文住宅の場合、間取り図を見ただけでは、開放感や質感、住みやすさが想像しづらいです

実際に触って、歩いて、体感してから購入するので、「イメージと違う」なんてことはありません

 

④建売住宅は立地がいい

売れなかったら大赤字です

そのため建売住宅を建てるときに一番に考えるのが、「土地の立地」です

                                                                                                                        

 建売住宅のデメリットとしては

 

①建売住宅は外観や内装にはある程度の妥協が必要

注文住宅との違いで一番大きいのは、外観も内装も自分で決めることができないことです

建和住宅の建売住宅はいい意味で「建売っぽさ」がなく、デザイン性にも富んでいます

でも「こだわりを入れたい!」「ここだけは譲れない!」なんて人は、やはり建売住宅は不向きかもしれません

                                                                                                 

②工事の過程を見ることができない

建売住宅は多くの場合で、「出来上がった家」を買うので、工事途中を見ることが出来ません

その点、建和住宅の建売住宅は瑕疵担保責任保険に加入し、日本住宅検査機構の第三者による中間検査を何度も受けて全て合格しており、保険証が発行されますので ご安心ください

                                            

 建和住宅の建売住宅は注文住宅と同じ品質で建築します

その為、建売住宅としては多少コストが掛かっている部分もありますが、企業努力で吸収をさせて頂いております

 

建和住宅の建売住宅で完成・工事中を含めて現在6棟ありますので是非ご覧ください

 

               モデルハウス一覧です

               ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://www.kenwa-jutaku.co.jp/co_navi/0d0667145a787c94a7b97d3a6da784e8-473.html

 

 

*K*

記事一覧|2020年8月

1ページ (全3ページ中)

ページトップへ